男の離婚準備

【男の離婚準備の基礎知識】離婚を視野に入れた尾行調査の方法

妻の浮気などにより離婚を考えている場合、だれが見ても納得のいく証拠が必要となります。
その証拠を得る方法として、離婚準備の段階で尾行調査が必要となることがあります。

 

よくドラマや映画などで警察や探偵が尾行調査をしている場面を目にしますが、その様子は電信柱に隠れたり、
車内でひたすら相手の動きを待つものです。映画と現実の違うところは、尾行する人物が警察でも探偵でもなく、自分自身であるという点です。

 

自分が行動するとなると、妻はもちろん相手の男が自分を知っている場合、
尾行が見つかったときにごまかす言葉を用意しておく必要があります。

 

決定的な証拠をつかむ前に尾行が見つかってしまっては、元も子もありません。

 

離婚準備中は、妻にも相手の男にも弱みを握られないようにすることです。
 本来ならば、プロである探偵事務所に依頼することが得策でしょう。
それが困難なときは自分自身、あるいは信頼のおける第三者にお願いすることになります。

 

2〜3人で同時に見張ることも一つの手です。その場合、それぞれが離れたところから尾行していると、
一人が尾行対象者を見失っても他の人が尾行を続けることができます。

 

鉄道のICカードなどを有効に利用して、相手がどの交通機関を利用しても、すぐに対応できるようにしましょう。
尾行中は、いつでも密やかにカメラや動画を撮影できる状態にしておくと良いでしょう。

 

日時が明確に記録されている証拠物は離婚準備にはとても有効です。
尾行は時間も精神も消耗します。自分で尾行する際は、プロではないので無理のない範囲内で行動することが重要なのです。